インプラントでおいしく食べて健康な暮らしを

医学や科学技術の進歩で、50年前に比べて人は長生きになっています。

日本の平均寿命は世界的に見てもトップクラスで、日本人の健康法が海外からも注目を集めるほどです。


しかし、健康に暮らすことができるかどうか、という意味の健康寿命は平均寿命よりも10年以上短いと言われています。

長く生きていても、健康を損なっては幸せとは言えません。

健康的な生活を送るためには、日頃から食事や運動、生活習慣などに留意して、自分で何でもできる、という状態が望ましいでしょう。
そのために、自分の歯で食事ができる、ということは非常に大切なことです。


若いころから歯の健康に注意していれば、年を取っても自分の歯で物が食べられて、ひいては体も丈夫で、楽しく暮らすことができます。

しかし、かつては50年と言われた人間の寿命から考えて、歯の寿命がそれほど長くなっていないことを考えると、虫歯や歯周病で自分の歯を失う人は多いでしょう。

治療の過程で、抜歯された後にブリッジや義歯を入れている人も多くいます。


歯科治療の選択肢の一つに中目黒の矯正歯科のインプラントがあります。


技術は進歩していますから、ブリッジや義歯も数十年前に比べて上等になっていますが、それでも審美的な面、衛生面、他の歯への影響などを考え合わせると、恵比寿の矯正歯科のインプラントの優位性は疑問の余地がありません。

矯正の認定医のインプラントは、チタンやチタン合金製の支柱を顎の骨の中に埋め込み、上部にセラミックで作った人工の歯を付けますから、部分義歯やブリッジのように、他の健康な歯を削る必要や取り外して洗う必要もなく、口の中に違和感がありません。


自分の歯と同じように何でも噛むことができます。

見た目も自然で、自分の歯との違いはわからないほどです。気をつけるべきなのは、インプラントは、治療に時間も費用もかかるということです。医師によって技術にも差があるので、医院選びは充分慎重に行う必要があります。

また、インプラントの場合は自由診療ですから、全額が自己負担になります。

顎の骨の状態次第では、インプラント治療を行えない場合もありますから、丁寧に相談に応じてくれる医師を探すのが良いでしょう。